Publicado el Deja un comentario

松本 安曇野観光

新宿から特急で1本なので都内からアクセスしやすく、年間を通じて多くの観光客で賑わう岳都・「長野県松本市」。国宝「松本城」をはじめとしてさまざまな史跡が点在するだけでなく、個性的なイベントや、散策をするのにぴったりの街並み、さらには温泉地や高原など、色々な楽しみ方ができる街なんです。そんな松本市の魅力がわかる、王道の観光スポットと観光するときのポイントを余すところなくご紹介します。, 旅行先、慣れない土地を歩くにも、どこになにがあるんだろう……広すぎて迷ってしまう!でも、ここなら安心です。長野県松本市の『縄手(なわて)通り』は、国宝松本城にほど近く、昔ながらの飲食店や雑貨がならぶスポット。写真撮影に最適、食べ歩きしながら自然を楽しむことができる、縄手通りのグルメを中心にご紹介します。, 【松本】キャビン型のお部屋も♪一人旅で泊まりたい格安ホテル「Hotel M Matsumoto」, 浅間温泉は、松本・安曇野観光の途中にちょこっと寄れる温泉地です。県下随一の豊富な湯量と肌がスベスベになる「美人の湯」を、日帰りで気軽に体験してみませんか?, 季節の変わり目や疲れがたまったときに風邪をひきやすくなった…と思う人はいませんか。そんなときは長野にある「白骨温泉」へ。“白骨の湯に3日入ると3年は風邪をひかない”と伝わる名湯です。長野県松本市の安曇(あづみ)地区、北アルプスの山腹にあり、秘湯感もありながらアクセスしやすいから、1泊2日でも十分満喫できますよ。女性目線で選んだ癒しの名湯旅館をご紹介します。, 梓川の清流と、その両脇に峰を連ねる北アルプスの山々。日本を代表する景勝地・上高地!壮大な景色を見ながら、8月でも22℃前後とすがすがしい気候を感じて歩くのはとっても気持ちがいいものです。今回は、上高地リピーターである筆者が、瞬きが惜しくなるほど絶景続きのハイキングコースを、見どころとともに紹介していきます。深呼吸したくなる風景があなたを待っていますよ♪, 中部山岳国立公園内に位置し、北アルプス南部に広がる『乗鞍高原(のりくらこうげん)』は、日本有数の景勝地です。標高1,500メートルの一ノ瀬園地周辺には、大小の美しい池が点在しており、波一つない静かな水面が乗鞍岳を鏡のように映し出す「逆さ乗鞍岳」を見ることができます。また、乗鞍高原内には、日本の滝100選にも選定されている三本滝をはじめ、大自然の畏怖を感じ取ることができる渓谷美を楽しむことができます。乗鞍高原を訪れ、爽やかな山の空気を吸いながら、山岳美の美しさを肌で感じ取ってみませんか。, 長野県の松本市は、西に3,000m級の山々が聳える北アルプスなどある飛騨山脈、東に美ヶ原など2,000m級の山々を持つ筑摩山地に挟まれた松本盆地の中心都市です。モルゲンロートと呼ばれる朝焼けが見られる町。そして、国宝松本城や上高地、浅間温泉や美ヶ原温泉など有名観光スポットが沢山ある町です。首都圏からのアクセスも抜群の松本は、週末旅行におすすめ。今回は、魅力いっぱいの松本で泊まりたい宿泊施設を11軒ご紹介いたします。, 国宝松本城をはじめとする見どころがあつまる松本は、明治の面影を残す歴史的な建物を見学したり、美術館でアート鑑賞したりと観光スポットとしても人気のエリア。今回は、そんな松本観光に訪れた際に、おすすめのホテル・旅館をご紹介します。城下町の雰囲気を楽しめるホテルや絶景の温泉で寛げる宿、雲の上に建つリゾートホテルで“贅沢ステイ”を楽しみませんか?, 信州そばの本場「長野」。長野にはたくさんの美味しいそばの名店があります。その中でも、松本駅からアクセスしやすいそばの名店をご紹介します。観光にも便利な場所で、本場の信州そばをいただきましょう!, 長野の人気観光スポットである松本では、かつて肉といえば馬肉のことをさしていたこともあるほど!美味しい馬肉料理や馬刺しが食べられるお店が豊富にあるんです。そんな松本で、美味しい馬肉料理に出会いたくありませんか?もちろん馬刺しだって食べられる、おすすめのお店をご紹介します。, 長野県の松本市や塩尻市にある郷土料理として、有名な「山賊焼き」。鶏肉を揚げた、いわゆる唐揚げの大きいバージョンのようなもの!地元では一般的に食べられています。松本市や塩尻市で食べられる、山賊焼きの名店をご紹介します。地元の味を楽しんでみませんか?, 国宝の松本城もあり、有数の観光スポットとしても有名な長野県の松本市。街歩きや散策もしたくなるエリアなだけあって、ゆっくりくつろげるカフェも豊富にあります。その中でも、地元民が厳選して人気のおしゃれカフェをご紹介!おしゃれなお店が好きな人、全国のカフェ好きにもおすすめしたい、ステキなお店ばかりを集めました♪, icotto(イコット)は "心みちるたび" をコンセプトに、女性が癒されリフレッシュできる旅の情報を集めたメディアです。, 松本市は、北アルプスの麓に広がる人口約24万人の街です。市内には「国宝松本城」をはじめ、重要文化財に指定されている「旧開智小学校校舎」、城下町の面影を残す「縄手通り」や「中町通り」など、多くの観光スポットがあります。特に「国宝松本城」は国内外から大勢の観光客が訪れる人気のエリアです。, 市内に多数の観光スポットが点在する松本。街歩きを楽しみつつ、それらのスポットをゆっくり堪能するのであれば、日帰りよりも1泊2日するのがおすすめです。さらに時間に余裕があれば、お隣の安曇野市(あずみのし)に足を伸ばしてみるのも良いでしょう。安曇野はテレビドラマのロケ地にもなったのどかな田園風景や数々の魅力的な観光スポットがあり、松本に並ぶ人気エリアです。, 松本観光は周囲の山々が新緑に覆われる、4月・5月頃がおすすめです。夏でも涼しいイメージを抱かれがちな松本ですが、実は真夏には35度を超える厳しい暑さに見舞われることも珍しくありません。その一方、冬は北アルプスの麓の街らしい、凍てつく寒さに閉ざされます。そうした理由からも、信州らしい爽やかな風を感じられる4月・5月は、松本観光に最もおすすめの季節なのです。, 効率的に市内を巡りたい方には、松本の中心部を走る周遊バス「タウンスニーカー」が便利です。東西南北4つのコースに分かれており、1乗車大人200円、小人100円で利用することができます。また、何度も乗り降りしたい方には、1日乗車券(大人500円・小人250円)がお得です。, 松本観光のメインは、城下町の風情が残る街並みの散策です。そのため服装はTシャツやパンツ、スニーカーなど、動きやすい格好が良いでしょう。また、松本は日本の中でも紫外線が強い街としても知られています。真夏はもちろんのこと、それ以外の季節でも、日焼け対策はしっかり行うようにして下さい。, 松本のシンボルとして、年間を通じ国内外から多くの観光客が訪れる「国宝松本城」は、現存する五重六階の天守としては日本最古の建造物です。また、姫路城・犬山城・彦根城・松江城と並び、5つの国宝城郭の内の1つとされています。城の周囲は松本城公園として整備がなされており、休日には観光客だけでなく、地元の人々の憩いの場としても賑わっています。特に桜の季節には、美しい桜並木が城の周囲を華やかに染め上げます。, 松本の文化や歴史を深く知りたいという方におすすめなのが、松本城公園の敷地内に建つ「松本市立博物館」です。昭和27年、長野県で初めて博物館法による登録を受けた施設としても知られています。松本の歴史、松本歳時記、松本の伝統工芸、松本ってどんな街、松本まるごと博物館などの展示が行われており、松本について詳しく学ぶことができる場所です。, 昭和36年に国の重要文化財に指定された「旧開智学校校舎」は、「国宝松本城」と並び、松本を代表する人気観光スポットの1つです。先端に東西南北の風見を配した八角形の塔がシンボルで、窓には舶来のギヤマン(ガラス)が取り付けられており、古い建物ながらもどこか瀟洒な、和洋折衷の雰囲気を醸し出しています。内部には、江戸時代から現代までの教育資料が展示されており、教育博物館としての役割も果たしています。, 石で造られたカエルの置物が訪れる者をユーモラスに迎えてくれる「縄手通り」は、松本城の外堀と女鳥羽川に挟まれた「縄のように長い土手」という由来を持つ通りです。江戸時代に栄えた城下町・松本の風情を残す通りに、約50もの店舗が立ち並んでいます。古き良き雰囲気の漂う玩具屋に、どこか妖しい品物の並ぶ古道具屋など、軒先を眺めながら歩くだけでも楽しい店が揃っています。, 昔ながらの白壁と黒なまこの土蔵が通りに沿って立ち並ぶ「中町通り」は、絶好の散策スポットとして人気を集めるエリアです。通りに面して小物屋やアクセサリー屋、陶器や漆器を扱う店、飲食店などが立ち並び、それらの店を覗きながら街歩きを楽しむことができます。, 正面入口に展示されている世界的画家・草間彌生氏による巨大モニュメント「幻の華」が印象的な「松本市美術館」は、文化の香り高い街・松本の芸術の発信地として、市民から親しまれている施設です。年間を通じてさまざまな企画展が催されるほか、草間彌生、上條信山、田村一男など、松本に縁のある芸術家たちの作品が常設展示されています。, 「松本市時計博物館」は、常時110点の時計と関連資料が展示されている、時計専門の博物館です。できるだけ動いている状態での展示が心がけられており、時計の持つ魅力をより深く感じられる展示内容となっています。また、蓄音機とSPレコードの鑑賞コーナーや、休日にはミニコンサートも開催されており、子供から大人まで楽しめる施設です。, 「松本市はかり資料館」は、蔵の町「中町通り」の一角にある資料館です。前身は、明治時代から昭和末期まで営業していた「竹内度量衡(どりょうこう)店」で、両替天秤、繭の雌雄選別器、テミスの像、毛髪湿度計などの珍しい道具の数々が展示されています。また、建物自体にも歴史を感じさせる佇まいが漂っており、特になまこ壁の土蔵や蔵座敷のある中庭は一見の価値があります。, 「浅間温泉」は、「松本の奥座敷」とも呼ばれ、古くから文人墨客に愛されてきた歴史ある温泉地です。数十件の宿が軒を連ね、昔ながらの趣と近代的な施設を兼ね備えたエリアとして、松本を訪れる人々から人気を集めています。泉質はアルカリ単純温泉で、慢性消化器病、神経痛、筋肉痛などに効能があるとされています。また、秋には日本三大奇祭の1つ「たいまつ祭り」も行われ、多くの観光客が訪れます。, 「美ヶ原温泉」は、標高800mの山麓にある松本郊外の温泉地です。松本平の美しい眺望が楽しめる「美ヶ原高原」と混同されがちですが、温泉地と高原の間には直線で十数キロの距離があります。古き良き温泉地の雰囲気が残る街並みは「松本市景観百選」にも選ばれているほど。多数の宿があり、共同浴場の「白糸の湯」も営業しています。「白糸の湯」にはそば打ち体験ができる研修場も備えられているので、興味のある方はチャレンジしてみて下さい。, 上高地に向かう山間にひっそりと佇む「白骨温泉」。森閑としたロケーションが旅情を感じさせる、玄人好みの温泉地です。10数軒ほどの宿があり、日帰り入浴が楽しめる施設も豊富で、上高地への行き帰りに立ち寄る客も多いスポットです。泉質は単純硫化水素温泉で、白骨の湯に3日入れば風邪知らずと言われるほど、効能豊かな温泉として知られています。, 「扉温泉」は、松本市街から美ヶ原高原に向かう山間にある、閑静な温泉地です。「扉温泉」にある温泉宿は1軒のみで、それ以外に日帰り温泉「桧の湯」があります。周囲を山に囲まれたロケーションはまさに秘湯といった風情が漂い、全国から温泉通が訪れる場所として知られています。「白骨温泉」と共に「東の扉・西の白骨」とも呼ばれる名湯で、胃腸病に効能があるとされています。, 標高1500mに位置する「上高地」は、「中部山岳国立公園」の代表的な景勝地として、年間150万人もの観光客が訪れる大人気エリアです。雄大な穂高連峰や焼岳の姿を眺めることができる「河童橋」や、四季折々に幻想的な美しさを見せる「大正池」や「明神池」、カラマツ、コナシ、ミネザクラなどの木立に囲まれた人気のキャンプ地「小梨平」など、見どころも満載です。, 乗鞍岳の東山麓に広がる高原です。60万㎡もの広さを持つ「一の瀬園地」には、草原、湿原、池、白樺林などがあり、季節によってはミズバショウ、スモモ、レンゲツツジなどの可憐な姿も楽しめます。また、「番所大滝」「善五郎の滝」「三本滝」など、迫力満点の滝を巡るコースも人気です。夏季には周遊バスが運行されており、広大な高原内の移動に便利です。, 標高2000mに広がる「美ヶ原高原」は、「八ヶ岳中信高原国定公園」の中でも日本一の広さを誇る高原大地です。600haの大地にさまざまな高山植物が咲き乱れ、訪れる者の目を楽しませてくれます。晴天の日には、北アルプス、浅間山、南アルプス連峰、富士山などを見渡すこともできます。360度に広がる大パノラマは思わず深呼吸したくなるような絶景ですよ♪また「美ヶ原高原美術館」「三城牧場」などの観光スポットも人気です。, 松本では、年間を通じてさまざまなイベントも行われています。中でも特に人気の高いおすすめイベントをご紹介します。, 昭和60年から始まった「クラフトフェアまつもと」は、日本全国のクラフトフェアのはしりとも言われる、松本を代表するイベントの1つです。毎年5月下旬に「あがたの森公園」で開催され、陶器、ガラス、木工、金属など300ものブースが立ち並びます。その場で作品を購入することもでき、全国から多くのクラフトファンが訪れます。, 毎年8月第一土曜日に行われる、松本を代表する夏まつりです。「ぼんぼん松本ぼんぼんぼん」という、1度聞いたら忘れられない音楽に合わせて、約25,000人の踊り手が真夏の松本市街地を練り歩きます。屋台や路上で出張営業を行う店もあり、松本の名物料理や冷たいビールを片手に、まつりの夜を楽しむことができます。, そばどころ松本ならではのイベントを楽しみたい方におすすめなのが、「信州・松本そば祭り」です。県内外から集まった約30店ものそば打ち・そば屋が「国宝松本城」に集結し、毎年10万人ものそば好き達が押し寄せる一大イベントとなっています。, はじめての松本観光におすすめの王道観光スポット&ポイント、いかがでしたか?歴史、文化、温泉、そして自然……さまざまな魅力にあふれる松本をぜひ訪ねてみてください。きっと心に残る旅になるはずです。. 絶対外せない安曇野市の観光スポット: 大王わさび農場; 国営アルプスあづみの公園 堀金 穂高地区; 穂高神社; 碌山美術館 ; 長峰山; 安曇野市のすべての観光スポットをチェック 安曇野はテレビドラマのロケ地にもなったのどかな田園風景や数々の魅力的な観光スポットがあり、松本に並ぶ人気エリアです。 2、ベストシーズンは新緑の4月・5月あたり!

松本・安曇野・白馬のおすすめの観光スポット・体験スポット 松本城、大王わさび農場、中町通りなど情報満載。 松本城 (マツモトジョウ) 日本最古の5重6階の木造天守 Copyright © 2020 一般社団法人 安曇野市観光協会 All Rights Reserved. 観光・体験. 松本市観光の口コミを集めました!松本市のグルメ、などの観光スポット、季節ごとのイベント、松本市観光のモデルコース、人気スポットを一挙公開!松本市のホテル、入場券、レストラン予約はトリップアドバイザーで一括管理! 随筆家・安曇野ちひろ美術館常任顧問 松本 猛さん . 宿泊・温泉 施設一覧 安曇野の温泉 2年間の研修後、独立して米山農園を始めた愛知県出身のIターン 安曇野市でおすすめの観光スポット230ヶ所をセレクト!おすすめの大王わさび農場や住吉神社などを口コミランキングでご紹介。安曇野市周辺で観光スポットを探すならじゃらんnet。

県外からも多くの人が訪れる安曇野ちひろ美術館。 いわさきちひろを母に持ち、1997 年に安曇野ちひろ美術館を設立、同館館長も務めていた 松本 猛さんへの... もっと見る. 「松本市美術館」,温泉街風情もゆかしい、開湯千有余年を誇る松本の奥座敷「浅間温泉」,すべての願いを叶えて下さるお社「四柱神社」,味わい深い民芸品が並ぶ「松本民芸館」など、松本の観光にピッタリなスポットやおすすめグルメもご紹介!

ニトリ ソファーカバー ずれる, ヒカル 会社 株, 東所沢 宝くじ売り場, 薄桜鬼 ミュージカル, Tiger & Bunny -the Rising-, ロト6 組み合わせ 相性, 匠大塚 社員, ドコモオンラインショップ Iphone, タマホーム Cm 城田優, 新居 おすすめグッズ, Galaxy Apn設定 できない, ラグ 苦手, ロト7 まだ出てない組み合わせ, ロト7 一覧, ロト7 当たる人, 丸 年俸推移, 巨人 丸 年俸, ヤマダ電機 スロット 廃止, 東洋の真珠 マレーシア, みなとみらい 新港地区 歴史, ダイニングテーブル 塗装修理 札幌, Ikea テレビ台 組み立て, 一軍最低年俸 日割り, オクトパストラベラー 赤目 古びた薬瓶, アサシンクリードオデッセイ エツィオのローマセット, ソファ専門店 神奈川, 原神 公式, ダイニングテーブルセット 4人, オクトラ ハンイット, 最近 の演歌, 名鉄スカイパーキング 割引, カウチソファ 一人, 入間アウトレット 駐 車場 おすすめ, 成田 イオン アニメイト, Uqモバイル Au 店舗, 椅子 修理 関西, グウェント ニルフガード 同化, ダイニングこたつ 寒い, ラファエル サブチャンネル, オクトパス トラベラー 買う べき, ソファー へたり 修理 料金, 大地震 前震 パターン, Ps5 互換性 Ps3, ワンパンマン 声優 豪華, 恐るべき株 アンジェス, フィッシャーズ いくら, 夏 レインウェア, Uqモバイル ジョーシン キャンペーン, とくとくbb キャッシュバック メール 来てない, カーリー 仏教, ミニビッグ 当たる, キングスダウン マットレス 値段, へずまりゅう チャンネル, 北島三郎 息子 バンド, 大塚家具 匠大塚 比較, 64歳 女優, Hwd15 繋がらない, カリフォルニア 地震速報, ブルックス シューズ レベル, 北原里英 実家, オクトパス トラベラー 16bit 試聴, ユーチューバー テレビ出演 2020, イギリス 社交界 デビュー, 二ノ国 スイッチ 攻略, カシモwimax カスタマーサポート, 福田秀平 西武, アサシンクリード オデッセイ 名作, アサシンクリード オリジンズ つまらない, 買ってよかったもの メンズ, ダイイングアイ 動画, プロ野球 キューバ 契約 政府, 5ch Net 板一覧, 4g Lte アンテナ自作, ソファにかける布 名前, キャッシュバック 規制,

Deja una respuesta

Tu dirección de correo electrónico no será publicada. Los campos obligatorios están marcados con *

Este sitio usa Akismet para reducir el spam. Aprende cómo se procesan los datos de tus comentarios.