Publicado el Deja un comentario

ロシア クレーター 街中

投稿日: 2016年6月9日. シベリアのタイミル半島に形成されたクレーター(同一のもの)の2013年と2015年の状況, クレーターを作りだしたビッグバンが「空の輝き」を放った : その爆発音は100キロメートル離れた場所でも聞こえた, ロシア政府は、人工衛星で北シベリアの永久凍土が融解している場所での新たな爆発を監視している。, 気候変動によって起こっていることが疑われるこれらの新たな自然現象は蓄積され続けている。, 地域のエネルギー探査によって、カラ海(タイミル半島に面する海域)の水面下の土壌が有害な結果を伴う可能性を持つメタンガスを流出していることが明らかになっている。, 一説では、これらの海底の土壌が突如として巨大なメタンの放出を引き起こす可能性もあるという。, なぜ、ジョン・レノンの「世界は正気ではない者たちに支配されている」という言葉が今も重要なのか, 世界の科学者たちが導入中止の運動を続けている 第 5 世代移動通信規格「5G」の人体へ及ぼす強力な影響の真実, シベリアでさらに次々と見つかるクレーターと「現在北極がシベリアに向かって猛スピードで移動している」という状態から浮かびあがる「ポールシフト」の概念, ロシア国防省が報告したという「シベリアの穴と地球の磁場反転の関係」。そして「未知の大気物質」の存在, Big bang formed crater causing 'glow in sky': explosion was heard 100 km away, 極彩色のシリウス : その星は《地球から観測する時だけ》いつも「虹色」に輝いている, 幻ではなかったパラダイス:今の世の中に実在する4つの「女性が支配するか、あるいは完全な平等と自由を獲得している部族と社会」, そこで何かが進行しているのか? : アメリカのサンアンドレアス断層上で「1日に39回連続した地震」が発生。同時に「断層上を移動するシンクホール」という不思議な事象が出現中, 将来的に肉食から離脱し「完全菜食国家となる」ことを国策に掲げたスウェーデン政府が推し進める「昆虫食計画」, 金融という世界の終末 : 世界のほぼすべての銀行と接続されている国際金融システム「スウィフト」の脆弱性を中国政府直属のハッカー集団が発見し、その後、犯罪組織に売却されたとの報道, 人間より先に「男性が消滅」して繁栄する社会があった : 南アフリカのミツバチがメス「だけ」で繁殖を続けていることが初めて同定される, 自由を履き違えた「魔術的思考」が世界中に拡大する中、対立と憎悪と暴力の時代は今始まったばかり, ルドルフ・シュタイナーは、「将来、喉は人間で最も重要な器官=生殖器になる」と述べていたことを知りましたが、しかし今は喉が検査により何百万人もグリグリと傷つけられている世界で, 2008年の論文にすでに出ている「新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)、そして次世代のコロナウイルス SARS-CoV-3」の意味がよくわからないですので、おわかりになる方にお願いします, 偶然?それとも… : PCR検査のメソッドは、人間の鼻の奥で発見された「新しい臓器」を直撃している, 乳幼児の「人の顔認識の成長過程」がマスクにより崩壊することにより「人間なんてみんな同じ」というオール失顔症社会がもたらされる日はわりとすぐ, 夢に感染するパンデミック : フィンランドの研究で判明した「ロックダウン下で共有される悪夢」, 「健康という宗教」が世界中に拡大する中で強行された医療戒厳令。今や、医療と健康概念は神であり宗教となっているという現実, パンデミックは実質的に終わっているのに、いったい私たちはどこへ連れていかれようとしている?, 「永遠に心のフィールドで踊り続けて」 : PCRの発明者であるノーベル賞学者キャリー・マリス博士が述べていた抗ガン剤のメカニズム, 病気の子どもが多すぎる。そしてさらに肺疾患が増え、アレルギーが増え、骨折する子どもたちが増えていくのを看過しろと?, なぜ子どもたちの骨折が急激に増えているのかを調べてわかった「マスク、太陽光不足、過剰な消毒がすべて骨の脆弱化と関係している」こと, マスク社会がもたらす「本当のディストピア化が何か」に気づいた。それは表情を学ぶ機会を失った赤ちゃんたちによる「人の感情を理解しない人々の社会」の誕生, もし、あなたがコロナうつやパニック障害になった際にはどうするべきか。あるいは予防するには? メンタルヘルスの改善に確実に関係する三つの要素について.

ある人は「地下世界への門」と呼び、またある人は「地獄の入口」と言い、 科学者は「クレーター」と記す。それぞれ呼び方は異なるが、しかし、その穴が広がっていることはみな知っている。(参考記事:「【動画】湖の巨大「ダム穴」、まるで地獄の入口」), ロシア、シベリア東部のサハ共和国にあるバタガイカ・クレーターは、この手の穴としては最大級のうえ、今も広がり続けている。2017年2月に発表された最新の測定値によると、穴の直径は1km、深さは86mで、今後も大きくなっていくと予測されている。, 地元の人々は、この穴の付近一帯に近付くときは用心を欠かさない。穴から不気味な音が聞こえるという報告もあり、「地下世界への門」とおそれる人がいる一方で、科学者はクレーターにこの世界にあるものとしての魅力を感じている。, バタガイカ・クレーターは、シベリアの永久凍土が解けてできた穴だ。永久凍土とは、2年以上凍った土壌をさす。そして、永久凍土が解けてできた凹凸のある地形はサーモカルストという。(参考記事:「永久凍土って何ですか?」), このクレーターを調べれば、シベリアの20万年以上の気候変動が明らかになる可能性がある。そんな論文がこのほど科学誌「Quaternary Research」に発表された。科学者たちは堆積物を採取し、最終氷期の間に気温の変動によってこの土地の様子がどのように変化したかを分析しようと計画している。彼らの知見は、今日の気候変動問題を考えるヒントになるだろう。衛星画像を見ると、この穴は毎年平均10mずつ拡大しているという。, 永久凍土の融解は1960年代に始まり、開発のための急激な森林伐採によって加速した。永久凍土を覆っていた木々がなくなり、太陽が地面を暖めて氷が解けはじめた。近年では、温室効果ガスの濃度が高まって地球が温暖化した結果、穴が大きくなるスピードはますます速くなっている。(参考記事:「永久凍土が解けて、森が枯れる理由」), 永久凍土が解け、土壌の浸食が進むと、しばしば「酔っぱらった木」が増える。これは、木がまっすぐに成長できず曲がったり倒れたりする現象で、結果的に地面を覆う影がさらに減ってしまう。アラスカからユーラシア大陸まで、酔っぱらった木は北方地域の広い範囲で確認されている。(参考記事:「気候変動で「酔っぱらう」木々」), また、地下の深いところで永久凍土が急速に解けた場合、表層が崩れ落ちて巨大な穴があき、パイプラインが損傷したり、道路に亀裂が生じたり、家が丸ごと飲み込まれたりすることもある。, サーモカルストの増加は、地球温暖化の1つの結果であるだけでなく、温暖化を加速させる原因にもなる。科学者の見積もりによれば、地球上のメタンガスの50パーセントが北極地方と北半球の永久凍土に貯蔵されているという。メタンは二酸化炭素より強力な温室効果ガスなのだ。(参考記事:「メタンは善か悪か」), 2016年にオンライン科学誌「Nature Communications」に発表された研究では、最終氷期にシベリアの永久凍土から放出された温室効果ガスが一時的に大きな気温上昇を引き起こしたことが明らかにされた。このときと同じような一時的な気温上昇は、またいつ起こってもおかしくはない。, 論文共著者のフランチェスコ・ムスキティエロ氏は、論文の公開後に米コロンビア大学の科学ブログで、「シベリアの永久凍土は、北極地方の炭素保管庫です。これが解けると、温室効果ガスの二酸化炭素とメタンが大気中に大量に放出されるおそれがあります」と述べている。(参考記事:「【動画】アラスカの湖からメタンの泡の悪循環」), バタガイカ・クレーターは、永久凍土の融解によってできた穴としてはシベリアで最大だが、唯一のものではない。サハ共和国だけでも2015年にもこうした穴が新たに数十個見つかっている。(参考記事:「シベリアで巨大クレーター続々、成因に新説」), Q:恐竜のイメージをがらりと変え、今では恐竜研究の標準的な手法となっている医療用技術は次のうちどれでしょう。, ロシア、シベリア東部のバタガイカ・クレーターの航空写真。(PHOTOGRAPH BY ALEXANDER GABYSHEV, RESEARCH INSTITUTE OF APPLIED ECOLOGY OF THE NORTH). シベリアに巨大なクレーター。世界中やばすぎて、もはや「やばい=ふつう」になってない?, また最高が更新されてしまった。iPhone 12 Proのゴールド、今までで一番ゴールデンなゴールドかも, 結局iPhone 12とiPhone 12 Pro、どっちが良いの?

(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 2014年に何度かご紹介したものは、シベリアのいくつかの場所に、以下のような3つのクレーターが発見されたという出来事でした。, これらのクレーターのうち、上の図で左にあるものが 80メートルと最も大きなものなのですが、「この内部がすごい」のですよ。, このクレーターが作られた原因については、当時様々な説が出ていたのですが、その中には、「人為的なもの」とか「エイリアンによるもの」というようなものまでありましたが、このクレーター内部の穴の開き方は、確かに「自然にこうなるものだろうか」と思わせるものはあります。, しかし、現在までの科学者たちの一般的な見解は、ナショナルジオグラフィックにあります下のような説明になります。一部を抜粋します。, シベリアで昨年(2014年)7月、巨大な謎の穴が見つかった。SNSでは隕石だミサイルだと憶測が飛び交ったが、最もうなずける原因は、地球温暖化で融解したメタンハイドレートの爆発と考えられた。, メタンハイドレートとは、北極地方の凍土中に存在する、メタンと水からできた氷状の物質である。, ところが、その説に疑問が生じている。ロシアの研究者が人工衛星による調査を行い、シベリアにさらに多くのクレーターを発見したのだ。, 米国地質調査所のガスハイドレート・プロジェクトでチーフを務めるキャロリン・ラッペルは、クレーターの原因について「断定はされていません」と述べた。, しかし、彼女を含む複数の科学者は、衛星画像から新たな説を見出した。ピンゴと呼ばれる地中の氷塊が急速に解け出したことが関係しているのではないかというのだ。ピンゴとは、長い時間をかけて地表近くに形成された氷の塊で、見た目は小高い丘のようになっている。, シベリアでは昨年、気温が異常に上がり、多くの氷が解けた。氷の塊が急速に解ければ、地面の一部が落下してクレーターができてもおかしくない。, しかし、何らかの爆発がなければ、クレーターの縁周辺に岩がいくつも放出されていたことが説明できない。, > 続々と穴が発見されたことを受け、モスクワを拠点とする科学者、バシリー・ボゴヤブレンスキーは、安全上の懸念から、緊急調査の必要性を訴えている。, として、これはおそらく「大爆発が発生する可能性」についての安全性の懸念ということだと思うのですが、「緊急調査の必要性」が説かれています。, 実際、シベリアン・タイムズによりますと、ロシア政府は、この地域の状況を常にモニタリングしているということで、それなりの懸念はあるようですが、しかし、現在どれほど危険な状態なのかは具体的にはわかりようがない部分もありそうです。, そして、その 2014年に、これはかなりの未確認情報でしかないのですが、ロシア政府が、これらクレーターに関して「潜在的な国家の脅威」として分類したということを、やや心許ない情報源ではありますけれど、, ・ロシア国防省が報告したという「シベリアの穴と地球の磁場反転の関係」。そして「未知の大気物質」の存在 折りたたみ式の立ち乗りEVバイク「Free Mile plus」, iOS 14にアップデートしたらバッテリーすぐ減る問題、Appleの対応策は「バックアップしてiPhone全消去リセットからの復元」, で、結局どの「iPhone 12」を選べばいい?

名古屋 チャンスセンター 営業時間, イドインヴェイデッド 原作, Big 当たりやすい, 三山ひろし インスタ, コーナーソファー おすすめ, バイオリベレーションズ パチンコ, ソファーカバー 夏 北欧, しまむら ソファー 値段, ホテル カルティニ 広島, パチンコ新台 噂 2020, へずまりゅう 防府, イオンウォレット 使い方, 性格いい男 特徴, オクトパストラベラー 稼ぎ, ニトリ マットレス 圧縮 引っ越し, オペラ歌手 歌 上手い, ソファ 一人暮らし コスパ, 大塚家具 株主優待 ヤマダ電機, デヴィ夫人 孫 インスタ, アサシンクリード スイッチ おすすめ, ウィッチャー テイルズ レイナード,

Deja una respuesta

Tu dirección de correo electrónico no será publicada. Los campos obligatorios están marcados con *

Este sitio usa Akismet para reducir el spam. Aprende cómo se procesan los datos de tus comentarios.